定年後のお金~不安なく生きるために

定年後、お金のことは特に気になりますよね。

 

多くの人は年金をもらって暮らしてゆくことになります。

 

年金暮らしでも住民税はかかるし健康保険料や介護保険料も払わなくてはいけません。

 

年金だけで大丈夫か ?

 

年金をもらいながら働けば年金が減らされると聞くし・・・。

 

このカテゴリーでは定年後の暮らしの様々な不安に答えてゆきます。

・この記事はカテゴリー全体のダイジェスト版です
・詳細はページ下にある記事一覧から読むことができます

 

それでは、このカテゴリーに掲載した記事の内容をいくつかご紹介しましょう。

 

 

年金暮らしでも税金はかかる ?! 住民税と所得税のはなし

年金にも所得税がかかるってご存知でしたか ?

今までさんざん給料から所得税を引かれてきて、年金にまで税金をかけるなんて !

「国はいったい何を考えてるんだ、ふざけるな !」と言いたいところですよね。

 

ただし、年金に税金がかかるのは65歳未満では年化の年金が108万円以上の人、65歳以上では158万円以上もらえる人です。

 

さらに、住民税、健康保険料、介護保険料は、あらかじめ年金から差し引かれてしまうのです。

 

この記事では年金生活者にかかる税金や保険料について詳しく解説していますから、これから年金生活に入られる方は事前に読まれることで驚かずに済みますよ。

 

 

年金は働くと減額されるって本当 ? 具体的な額を例で説明

年金は働くと減らされると聞いたことありませんか ?

 

確かに一定以上の収入があると年金は減額されます。

でも、トータルでは働いた方が絶対に手にするお金は増えます。

 

それに、年金を減額されるのは収入がかなり高い人だけです。

また、65歳未満と65歳以上では減額の基準が異なっています。

 

この記事では年金が働くことで減額される条件について、例をあげて計算方法を示して解説しています。

 

 

年金生活で夫が死んだらどうなる ? もらえなくなるの ?

夫の年金で生活しているのに、その夫が死んだら・・・。

当然夫の年金はもらえなくなります。

 

もし残された妻がまだ年金をもらえる年齢でなかったら、何ももらえないのか ?

 

大丈夫です。

残された妻が65歳前でももらえる年金があります。

 

遺族基礎年金と遺族厚生年金に中高齢寡夫年金。

あるいは遺族基礎年金と寡夫年金です。

 

亡くなった夫が元会社員で厚生年金に加入していたか、あるいは自営業で国民年金に加入していたかで異なります。

 

この記事では年金生活をしている夫が死んだとき残された妻がもらえる年金の種類と額について解説しています。

 

特別支給の老齢厚生年金の収入制限は ? 請求して損はない !

昭和36年4月1日以前に生まれた男性と、昭和41年4月1日以前に生まれた女性は、満60歳に達すると、特別支給の老齢厚生年金をもらえる可能性があります。

 

特別支給の老齢厚生年金は年金の繰り上げ受給と違って、もらったからといって後で年金が減額されることはありません。

 

収入制限がありますが、特別支給の老齢厚生年金を65歳前で申請しておいて損をすることはありません。

 

この記事では特別支給の老齢厚生年金の受給条件と収入制限について解説しています。

 

年金の繰り下げ手続きとは ? 取り消しもできる ?

65歳になっても年金をもらわずに後からもらうようにすることができます。

これを「繰り下げ受給」と言います。

 

年金は、繰り下げ受給をすることによって後でもらうときに増額されるというメリットがあります。

 

まだ働いていて生活できる場合は後回しにした方が「得」なのです。

 

ただし、一定以上の給料をもらっている人にはもともとの年金に「支給停止」される部分が発生します。

 

そして「支給停止」部分は「繰り下げ受給」による将来の増額対象とはならないのです。

少し分かりにくいですね。

記事をお読みいただければ明快にご理解いただけますよ。

この記事では、年金の繰り下げの手続きについて、また、「支給停止」との関係について、さらにいったん年金を繰り下げた後で取り消しすることができるのかについて詳しく解説しています。

 

年金は配偶者がいると特別加算も~年の差が大きいほど有利 !

老齢厚生年金の受給者に家族がいると受給額が加算されることがあります。

これを加給年金と言います。

そして、年下の配偶者がいるとさらに「配偶者特別加算」を受けられる可能性があります。

 

これは厚生年金の制度なので、国民年金には当てはまりません。

 

厚生年金の年金受給額=老齢厚生年金+加給年金+特別加算

 

となっているのです。

 

配偶者特別加算は年の差が大きいほど有利になります。

 

この記事では厚生年金の加給年金、配偶者特別加算とはとはどんなものか、また届出の方法と、金額について解説しています。

 

詳しくは記事でご確認くださいね。

 

おわりに

いかがでしたか ?

このサイトのカテゴリー「定年後の暮らし」の中から特におすすめの記事を6つご紹介してきました。

 

このカテゴリーがあなたの定年後の暮らしを考える上でお役に立てばうれしく思います。

 

なお、下の記事一覧から、詳細を確認して頂くことができますよ。

 

最後までお読みくださってありがとうございました。

定年後の暮らし

厚生年金保険料は何歳まで払うの ? 70歳以上の加入もあり ?

厚生年金保険料は何歳まで払うのものなのでしょうか? サラリーマンや公務員は否応なしに給与から天引きされます。払わないわけにはいかないのです。この記事では厚生年金保険料は何歳まで払わなくてはいけないのかについて、例外も含めて解説しています。
定年後の暮らし

年金の加入期間が足りない ! 3つの救済措置を完全解説

国民年金は加入期間が足りないと受給することができません。でも、もらえるようになる方法がありますからご安心ください。ここでは、60歳過ぎてから年金の加入期間が足りない人のための救済措置である3つの任意加入について解説しています。
定年後の暮らし

健康保険料は何歳まで払う ? 年齢で医療負担割合は変わる。

健康保険料は何歳まで払うのでしょう ? じつは一生払い続けなければならないのです。 ただし、家族の扶養に入ると言う手があります。ここでは健康保険料は何歳まで払うのか、さらに年齢や収入よって医療費の負担割合はどう変わるのかについて解説しています。
定年後の暮らし

失業保険と年金は両方同時にもらえる ? 条件によっては可能

失業保険と年金は両方同時にもらえるか ? 基本的には両方はもらえないのです(残念 !)。 でも、やり方によっては両方もらうことができるケースがあります。ここでは、失業保険と年金は両方同時にもらえないケースともらえるやり方をお伝えしています。
定年後の暮らし

64歳で退職するメリット~65歳まで働くより得って本当 ?

64歳で退職するとメリットがあると言われています。65歳まで働くより得することがあるのです。それは失業保険が多くもらえるということです。ただし、再雇用や再就職するなら一概には言えません。ここでは64歳で退職するとメリットと注意点について解説しています。
定年後の暮らし

年金をもらいながら働く~メリットとデメリットを徹底解説 !

年金をもらいながら働くと年金がカットされる。この制度は令和4年4月に大幅に緩和され、たいていの人は働いた分だけ収入が増えるようになりました。では減額される人は ? ここでは年金をもらいながら働くことのメリットとデメリットについて詳しく解説しています。
定年後の暮らし

高齢者だけど働きたい ! 仕事に就くための4つの要件を解説

高齢者だけど働きたい ! 65歳を過ぎて年金をもらうようになったけど、それだけでは暮らしてゆけない。でも、求人は残念ながら少ない。視点を変えれば仕事は見つかります。ここでは、高齢者が働きたいき仕事に就くための要件と見つける方法についてお伝えしています。
定年後の暮らし

健康保険の任意継続と国民健康保険はどっちが得か徹底解説

退職のとき、健康保険の任意継続と国民健康保険への切り替えではどっちが得か ? 気になりますね。ポイントは扶養家族、傷病手当金、倒産・解雇による退職か等です。ここでは健康保険の任意継続と国民健康保険への切り替えではどっちが得かについて徹底解説しています。
定年後の暮らし

年金・繰り下げ受給の損益分岐点は何年 ? もらわないと損 ?

年金の繰り下げ受給の損益分岐点は何年でしょう ? 答えは12年。5年繰り下げで42%増し、10年で84%増しですが、その間年金をもらえません。ここでは年金の繰り下げ受給の損益分岐点が12年となる理由を説明し、65歳で年金をもらわないと損なのかについて解説しています。
定年後の暮らし

65歳以上でも職業訓練を受けられるか ? 給付金はもらえるか ?

65歳以上でも職業訓練を受けられるか ? 年金だけでは生活できない。そんなとき、スキルを身につけることができれば仕事に就ける可能性が高くなると思いませんか ? ここでは、65歳以上の人が職業訓練を受けるための条件と、給付金について分かりやすく解説しています。