スポンサーリンク

退職金は確定申告が不要 ! ただし例外ケースもある。

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

退職金は確定申告が不要 !?

退職金をもらっても確定申告は不要なのか ?

と悩む人多いのではないでしょうか ?

通常の収入と違うので確定申告が必要なのでは、と思いがちですが、結論を言えば退職金は確定申告の必要はありません。

ただ、例外的に確定申告が必要、と言うよりした方が「お得」なケースがあります。

 

ここでは退職金は確定申告が不要な理由、さらに確定申告した方が良いケースについて解説してゆきます。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

退職金は確定申告が不要な理由

退職金(退職所得)は確定申告が不要である理由は、それが「分離課税」の対象だからです。

 

所得税の課税方法には「総合課税」と「分離課税」の2つの方法があります。

 

通常の給与所得は総合課税の対象ですので、毎月概算で課税しておいて、12月末で締めて1年間の税金の過不足を調整するために確定申告をします。

 

ただ、会社に勤めていれば会社が「年末調整」してくれるので、これが確定申告の代わりになって、自分でする必要はありません。

 

それに対して退職金(退職所得)は「分離課税」されますから、他の所得と合算されずに、退職金の源泉徴収で完結しているのです。

 

ですから、退職金は原則として確定申告の対象にはならないのです。

 

 

 

退職金は「分離課税」であり、それだけで所得税は完結しているので確定申告は不要と述べましたが、例外がありますのでご説明しましょう。

 

退職金で確定申告が必要となるケースは ?

では、退職金をもらって確定申告が必要となる例外的なケースとはどんな場合でしょうか ?

それは、退職金に課税された人で、次の2つのケースに該当する場合です。

 

・退職金以外の所得で「赤字」がある場合
・所得控除が余っている場合

 

ただし、これらが活用できるのは、退職金が多くて所得税が引かれている場合だけです。

 

退職金が非課税となった場合は当てはまりませんよ。

 

なお、正確には「必要」と言うより、「した方が得」ということです。

 

順にご説明しますね。

 

退職金以外の所得で「赤字」がある場合

例えば株式を売却して損をしたとか、土地や建物などの不動産の貸付けから得る不動産所得などで赤字になった場合は退職金と「損益通算」をすることができます。

 

損益通算とは、赤字の所得を他の黒字所得と相殺して税額を安くする制度です。

 

所得控除が余っている場合

「所得控除が余っている」とはどういう状態をいうのでしょう ?

 

税金を計算する際に、「基礎控除」というものがあります。

これは納税者の総所得金額から一律で差し引くことができる控除のひとつです。

 

基礎控除は、納税者本人の合計所得金額に応じてそれぞれ次のとおりとなります。

給与所得が2,400万円以下なら48万円の基礎控除があります。

 

納税者本人の合計所得金額控除額
2,400万円以下48万円
2,400万円超2,450万円以下32万円
2,450万円超2,500万円以下16万円
2,500万円超0円

出典 :

国税庁ホームページ
No.1199 基礎控除

 

 

そのほかにも所得控除には

・医療費控除
・雑損控除
・寄附金控除
・生命保険料控除
・地震保険料控除
・配偶者控除
・配偶者特別控除
・扶養控除
・社会保険料控除
・小規模企業共済等掛金控除
・障害者控除

 

など、基礎控除と併せて15種類の控除があります。

 

これらの控除で該当するものがあって、控除を合計したら給与所得を上回っている場合は給与所得に課税されないだけでなく、

 

使い切れていない控除を退職所得の控除に回すことができる

 

のです。

 

例えばその年の早いうちに退職して、その後再就職していなければ給与所得が少ないですから、退職金から税金を引かれていれば上記控除額が引かれた税金を上回って還付される可能性があるということです。

スポンサーリンク

 

退職所得の受給に関する申告書を提出していないとき

退職金が出た場合は、退職の際会社に「退職所得の受給に関する申告書」を提出する必要があります。

 

これがないと退職所得としての税制上の優遇措置が受けられません。

 

まともに所得税を向上されています。

 

この場合は、税金を払い過ぎている可能性が高いので、確定申告をする必要があります。

 

 

年の途中で退職したときは確定申告が必要

もう一つ、退職で確定申告が必要なケースがあります。

 

それは年の途中で退職して再就職していないときです。

 

これは退職金をもらうもらわないにかかわらず必要となります。

 

理由は、もう会社に年末調整をしてもらえないからです。

 

年末に在職していれば会社が年末調整をしてくれます。

でも、都市の途中で退職して年末に在職していなければ当然ですが年末調整はしてもらえません。

 

年末調整は確定申告を会社が代わりにしてくれていることになるので、それが受けられなければ自分で確定申告をするしかないということです。

 

ここで注意点をひとつ。

 

確定申告に時に失業保険を所得として参入するかどうかです。

答えは「失業保険は確定申告には含めない」です。

 

理由は、失業保険には所得税がかからないからです。

 

 

おわりに

いかがでしたか ?

退職金をもらったとき、確定申告はたいていの場合する必要がないこと、例外的に確定申告をした方が良いケースについてお伝えしてきましたが、参考になりましたでしょうか ?

 

退職金は生涯で受け取れるまとまったお金として大事なものですから、損のないようにしたいですね。

 

最後までお読みくださってありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
定年後の暮らし
kerochanをフォローする
~イーズジョブ~ 就活の不安を安心に変えるサポートサイト