スポンサーリンク

面接で長所を聞かれたら ? 答え方にはコツがある !

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

面接で長所を聞かれたけどうまく答えられなかった・・

面接で長所を聞かれたら、なんて答えます ?

 

よく「短所」とセットで聞かれることが多いですね。

でも、「長所」は簡単そうで意外と気を使います。

 

言いすぎると自慢していると取られかねませんし、また、「良く見せようとしている」と思われるかも知れません。

 

ところで、どうして面接で「長所」を聞くのでしょうか ?

 

それは、あなたが冷静に自己分析のできる人かどうかを確認するためなんです。

 

「短所」を聞くのも同じ理由。

 

ただし、「長所」を聞くのは、「短所」を聞くときにはない、もうひとつの理由があります。

それは、自己肯定できている人間か、ということです。

 

ここでは、面接で長所を聞かれたときにどう答えたら良いかについて、採用担当者の視点からお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

面接でなぜ長所を聞くか ?

冒頭、自己分析のできる人かどうかを確認するためであることはお伝えしましたね。

 

では、なぜ自己分析ができることが重要なのでしょうか ?

 

自己分析ができる人は、自分のできないこと、苦手なことを克服して成長できるからなんです。

 

さらに、仕事で問題に出くわしても、分析のできる人は解決することができると考えられます。

 

要するに自己分析ができる人は、「有能な人物」である可能性が高いと判断されるのです。

 

これが自己分析ができることが重視される理由です。

そして、そのバロメータとなるのが自分の「長所」や「短所」をきちんと把握できているということです。

 

だから、この答えは「何となくそう思う」ではだめで、しっかりと答えられる必要があります。

 

では、具体的にどう答えればいでしょう ?

 

 

面接での答え方は ?

長所としてあげられることは色々あります。

たとえば・・・。

 

・真面目
・責任感がある
・協調性がある
・素直
・行動力がある
・計画性がある
・笑顔で接することができる
・明るい
・諦めない
・相手の気持ちを考えることができる

 

どうですか ?

この中にあなたに当てはまるものがありましたか ?

これら以外でも、思いつくものがあればそれで構いませんよ。

 

とは言っても、じつは何でもいいわけではないのです。

 

長所は例をあげられることを答えよう

長所は、自分で「例」をあげられるものを選んでください。

 

たとえば、こんなふうに。

 

「私の長所は、ものごとを決して諦めないことです。」

「たとえば、こんなことがあります。」

「卒業研究の実験が上手くいきませんでした。悩んだすえに、パラメータをひとつずつ変えて試したところ、ついに実験を成功させることができました。」

とか、

 

「○○の資格試験を受けて、不合格でした。」

「でも、そこから猛勉強して、再チャレンジで合格することができました。」

 

というふうに、自分の長所が活きたと言える、エピソードを添えることがポイントとなります。

 

 

もしも、面接官から「例えば ?」と聞かれて答えに詰まると、単にノウハウ本に出ている回答例の中から良さそうなものを選んだと思われます。

 

あるいは、「ええかっこしい」と思われるかも知れませんよ。

 

 

面接で長所がないのはNG !

面接で長所をきかれたとき、こんな答えをする方がいます。

 

「長所って・・・べつに、これといって有りません。」

 

謙遜しているつもりかも知れませんが、面接官はこういう人を採用したいとは思いません。

 

なぜか ?

自分で「長所がない」と考えている人は自己肯定していないと取られるからです。

 

ほかの記事でも述べましたが、自己肯定していない人、つまり自己否定をする人物は、なぜか職場でトラブルを起こす傾向があるのです。

 

これは、性格について聞かれたとき答え方にも共通することです。

気になる方はこちらもあわせてお読みください。

面接で性格について聞かれたら。答え方のポイントは2つ !

 

面接で長所を聞かれたら、必ず何かひとつ長所と言えるものを答えてくださいね。

 

 

真面目で責任感がある・・・ひとつに絞ろう

上で、長所がないのはNGとお伝えしました。

では、長所はいくつかあった方が良いのでしょうか ?

 

たとえば、こんなふうに・・・。

「私の長所は、真面目で責任感があるところです。」

 

でも、この答えはおすすめしません。

じつは、長所を複数答えるのもNGなんです。

 

理由は2つあります。

 

ひとつ目。

長所を複数答えると、焦点がぼやけてしまいます。

 

2つ目。

自分を良く見せようとしていると取られます。

 

なので、長所として印象に残したいことひとつに絞って答えてください。

 

おわりに

いかがでしたか ?

面接で長所を聞かれたときにどう答えたら良いかについてお伝えしてきましたが、参考になりましたでしょうか ?

 

最後にまとめておきますね。

・長所を言えるのは自己分析ができる証拠
・長所を答えるのは自己肯定につながる
・長所は例をあげられるものを選ぶ
・長所がないのはNG
・長所はひとつにしぼる

 

ここでは、「長所」にしぼってお伝えしましたが、「短所」についてもたいていセットで聞かれます。

なので、「長所」と「短所」はセットで答えを用意しておくことをおすすめします。

 

「短所」を聞かれたときの答え方についてはこちらをどうぞ。

面接での短所の答え方は ? 採用担当者がコツを伝授 !

 

 

あなたが面接で、相手に好印象を残せますように !

最後までお読みくださってありがとうございました。