スポンサーリンク

就活・面接で失敗談を聞かれた~面接官の意図と答え方は ?

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

失敗談ですか ? じつは・・・

面接では、よく、失敗談を聞かれることがあります。

 

「あなたのこれまでの人生で『これは失敗したな』ということはありますか ?」

などと聞かれるのです。

 

「失礼なことを聞くなぁ」

 

と思うかも知れませんね。

 

でも、この質問には意図があります。

あなたの学ぶ力とか、危機に対する対応力を知りたいのです。

 

ここでは、面接で失敗談を聞く意図と答え方について、採用担当者の視点からお伝えしたいとと思います。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

面接で失敗談を聞く意図は ?

面接で失敗談を聞くのは、冒頭述べたように、学ぶ力とか、危機に対する対応力を知りたいからです。

 

じつはこれ、仕事の上でとても大事なことなのです。

 

仕事では、失敗することがあります。

 

でも、そこからなぜ失敗したかを考え、失敗を繰り返さないためにはどうしたらよいかを学ぶことが大事。

 

仕事では同じ失敗は許されないからです。

 

また、失敗してもめげない人物であること。

想定外のことに出くわしたとき、冷静に対処できる人物かどうかを探る、という意図があります。

 

 

面接で失敗談を聞かれた~答え方は ?

質問の意図がわかれば、答え方が分かりますね。

 

「こんな失敗をしました」

で終わってしまってはいけませんよ。

 

学びと対処と心がけ

面接で失敗談を聞かれたときの答え方のポイントは次の通りです。

 

・失敗から何を学んだか
・失敗にどう対処したか
・失敗を繰り返さないためにどんなことを心かけているか

 

この3つを答えればよいのです。

 

同じことを経験しても、人によってとらえ方が違います。

当然、そこから学ぶことも違ってくるでしょう。

 

ですから、失敗からの学びも対処も答えに「正解」はありません。

上の3点をおさえていれば、あなたなりの答えで良いのです。

 

失敗したままはNG

失敗したまま、と言うのはよくありません。

 

面接官に「こいつは失敗から学ばないヤツだな」と思われてしまいます。

 

当然ですが、「失敗談」を聞くのは「ウケる」答えを期待しているのではありませんから、「笑える」失敗談なんて無用ですよ。

 

また、最近のことではなく、古い話でも問題ありません。

そこから学んだことがあればよいのです。

 

 

面接で聞かれたけど失敗談がないときは ?

「自分はこれまで、失敗したという経験が特にないんだけど・・・」

という方もいると思います。

 

そういうときはどう答えたら良いか ?

 

回避したことを話す

「失敗しそうになったけど、こう対処して失敗を防いだ。」

という経験ならあるのではないでしょうか ?

 

面接では、むしろそういう経験のほうが評価されます。

 

理由は、「危機を予知して回避する能力」「危機管理能力」があると判断されるからです。

 

これ、仕事ができる人の特徴とも言える能力なんです。

危機管理能力に長けていると、会社に損失が出る前に防ぐことにつながりますからね。

 

「これこれこういうことがあって失敗しそうになりましたが、こういう対処をすることでなんとか失敗せずに済みました。」

 

「その後も〇〇には気を付けるようになりました。」

 

という答え方が望ましいですよ。

 

 

あと、失敗の大きさは関係ありません。

大きな失敗をしてもそこから立ち直ったという経験もよいですが、小さな失敗でも、そこに「気づき」があれば良いのです。

 

そう考えれば、失敗談はいろいろ見つかるのではないでしょうか。

 

 

この答えはNG~それこそ失敗

面接で失敗談を聞かれたとき、NGな答えがあります。

こんな答えこそ失敗という、代表的な例を2つご紹介しておきますね。

 

他社を受けて落ちた

これは、確かに本人にとっては最もホットな失敗談でしょう。

 

でも、これは言ってはいけません。

考えてみてください。

 

他社で魅力のない人物、欲しいとは思われない人物を採用したいと思うでしょうか ?

他社を受けて落ちたことは失敗談にしてはいけません。

 

他社の選考状況を聞かれることがありますが、そのときも、「落ちた」ことは言わないようにしてください。

「現在選考中です。」

と答えておくようにしましょう。

 

 

失敗談はありません

まれに、

「失敗談はありません。」

と明言する方がいます。

 

面接官は、

「それは結構なことですね。」

と返して、その質問は終わりとなります。

 

この場合面接官は

「この人は気づきの少ない人なんだな。」

と思います。

 

どんな人でも失敗のひとつや二つはあるはずで、単にそれに気づいていないと取られてしまいます。

 

ですから、「失敗談はありません」より「失敗といえるかどうかわかりませんが・・・」となにか続けるほうが望ましいですよ。

 

 

おわりに

いかがでしたか ?

 

面接で失敗談について聞かれたとき、質問の意図と答え方についてお伝えしてきましたが、参考になりましたでしょうか ?

 

最後にまとめておきますね。

 

[面接で失敗談を聞かれたら]

・失敗からの学び、対処、心がけを話す
・回避したことを話す
・他社を受けた落ちたことは失敗談にしない
・失敗談はありませんはNG

 

失敗談を聞かれることが「想定外」にならないように準備しておいてくださいね。

 

あなたが面接をクリアして望ましい就職ができますように !

 

最後までお読みくださってありがとうございました。