スポンサーリンク

オンライン面接の注意点~カンペの可否と遅刻の対処法を解説

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

オンライン面接の注意点

オンライン面接の注意点とは何か ?

以前から遠隔地の求職者の面接は先ずはオンラインで行う企業は多々ありました。

そしてコロナ禍によってオンライン面接は急速に増加しています。

 

現地まで行かなくても良いので、時間的に楽になります。

また、対面の面接に比べて緊張度が低く、ある程度リラックスした状態で自然な受け答えがしやすくなると言うメリットがあります。

 

ただし、オンライン面接には注意すべき点もあります。

ここでは、オンライン面接の注意点について、とりわけカンペの可否と遅刻したときの対処について解説してゆきます。

 

オンライン面接の注意点

オンライン面接の注意点として、次のあげられます。

・バーチャル背景の是非
・マスクをつけるか ?
・何分前に接続するか
・遅刻したらどうする
・カンペ見るのはOKか ?

 

ここでは、オンライン面接の注意点として特に次の2つにつ絞って解説してゆきます。

・カンペを見るのはOKか ?
・遅刻したらどうする ?

 

その他の注意点ついてはこちらにまとめてありますので併せてどうぞ。
リモート面接のコツ~対面とはここが違う !

 

 

オンライン面接でカンペを見るのはOKか ?

カンペを見るのはオンライン面接の「特権」です。

見て悪いことはありません。

 

ただし、カンペの可否については面接官によって見方が違いますのであからさまにカンペと気づかれない工夫は必要ですよ。

 

面接官の見方は2通り

・カンペを見るのはズルい
・人柄や熱意が伝わればカンペを見てもよい。

 

カンペのメリット

カンペの最大のメリットは、

安心できるので落ち着いて面接を受けられる

ことです。

 

もうひとつ、カンペを作成することで大事なことを記憶に定着させる効果があるということ。

そのため、カンペを作れば面接のときにほとんど見る必要がなくなります。

 

カンペに書いておくこと

カンペには次のことを書いておくと良いでしょう。

 

できるだけ簡単に箇条書きにしておきます。

面接中は文章を読む余裕はありませんから、一瞥して目に入れることで思い出せればOKです。

 

カンペに書いておくこと

・自分のアピールしたい点
・想定質問への答え
・応募先の製品名やサービス名
・面接で聞きたいこと
・応募先の電話番号と担当者の名前

 

応募先の電話番号と担当者の名前は、ネットにつながらない時やネット接続が切れたときなど、緊急連絡のために控えておくと安心ですよ。

 

また、聞きそびれないようにこちらから聞きたいことを書いておくとよいでしょう。

これは箇条書きで良いです。

 

カンペの注意点

カンペはメリットばかりではありません。

上手につかわないと面接官に悪い印象を与えてしまうこともありますので注意が必要。

 

カンペの注意点は次の2つです。

・カンペを読み上げてはいけない
・視線を何度もカンペに向けない

 

カンペを読み上げてはいけない

自然な感じで受け答えするための「メモ」と位置付けること

読み上げればわかるし印象が悪い

 

視線を何度もカンペに向けない

視線が何度も外れると面接官は何か見ていることに気づきます。

 

本音で話しているのであればカンペを見ても構わないと考える面接官もいますが、カンペを見るのはズルいと考える面接官もいます。

 

なので悟られない方が無難です。

そこで、考えているように少し上を向いたりナナメ方向を向いてからカンペに目を向けるなど、さりげなく行うと良いです。

 

カンペは机に置かない。

時々下を見ると、面接官はカンペを見ていることがすぐ分かってしまいます。

 

 

オンライン面接で遅刻したら

自宅で受けられる気安さからつい時刻を忘れてしまった。

オンライン面接で遅刻したら基本アウトです。

 

特に、オンライン面接があることを忘れて遅刻してしまうのは言語道断。

その会社への志望度が低い現れですから、落されても仕方がありません。

 

5分も遅刻したら面接官はネットの接続を切ってしまうと思ってください。

その場合、面接官が納得できる理由であればはリトライのチャンスが与えられるかも知れませんがリトライが許されないこともあります。

 

忘れていた訳ではなく、何らかの理由で遅刻しそうな場合は予め応募先の担当者に電話して、時間をずらしてもらうか日時の変更を申し入れてください。

 

受け入れられない可能性もありますが、連絡しなければ完全にアウトです。

 

ただし、もしもほんの数分なら、面接官はネットの向こうで待っていてくれるかも知れません。

その場合はすぐに接続してこう言います。

「遅れてしまいまして、大変申し訳ございません。」

ここで深々と頭を下げます。

 

「緊張して直前にお腹を壊してしまい遅れてしまいました。済みませんでした。」

 

焦ってしまっているのならこう続けます。

 

「誠に恐縮ですが、今の体調では途中でまたご迷惑をお掛けしてしまいそうですので、可能であればスケジュールの変更をお願いできませんでしょうか?」

 

気持ちが焦っている状態で面接を受けても自然な受け答えは難しいです。

言うべきことや答えるべきことが飛んでしまって良い結果が得られない確率が高くなります。

可能であればチャンスを後にずらした方が賢明です。

 

そしてリトライの時に開口一番前回のお詫びと再びチャンスを頂いたお礼を述べてください。

「前回は急に体調を崩して面接を受けられず大変ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございまませんでした。

また、今回再び面接の機会を頂きまして有難うございます。本日はどうぞ宜しくお願い致します。」

 

おわりに

いかがでしたか ?

オンライン面接の注意点として、カンペを見ていいか、遅刻したらどうすしたらよいかについてお伝えしてきましたが、参考になりましたでしょうか ?

 

結論です。

・カンペはOK
・遅刻はNG

 

最後までお読みくださってありがとうございました。