スポンサーリンク

面接でほかに受けている企業を聞かれた~面接官の見方を解説

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

ほかに受けている企業はどんなところですか ?

面接ではほかに受けている企業について聞かれることが多いです。

聞く理由は次の3つ。

・就活の軸を知りたい
・志望度を知りたい
・他の企業の評価を知りたい

 

ここでは面接でほかに受けている企業を聞かれる理由について詳しく解説し、聞かれたときに好印象を与える答え方を面接官の視点からお伝えしてゆきます。

また、NGな答えも紹介しますよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

面接でほかに受けている企業を聞く理由

冒頭述べた通り理由、つまり面接官が気になるのは次の3つです。

・就活の軸を知りたい
・志望度を知りたい
・他の企業の評価を知りたい

順にご説明しましょう。

 

就活の軸を知りたい

「ほかにどんな企業を受けていますか ?」

 

と聞かれたとき、ほかに受けているのが職種も業界もバラバラだと面接官は、

 

「この人は、就職さえできればどこでもいいと思っているんだな。」

 

と受け取ります。

 

この会社でなければならないという理由がないから、当然自分の会社への志望度は大して高くないと考えます。

 

これでは印象が良いはずはありません。

 

就活の軸がブレていないことが大事になります。

 

就活の軸についての面接官の見方をご紹介しておきます。

 

面接官の見方

・最も好印象は業界も職種も全部同じであること
・業界が違っても職種が同じならOK
・職種が違えばあまり好印象ではない
・業界も職種も違うのは軸が定まっていない

 

志望度を知りたい

ほかに受けている企業の業界か自社と同じで職種も今回の応募と同じであれば自社への志望度は一定以上あると判断します。

 

ほかに受けている企業の業界が違っていれば職種に対する熱意がどれくらいあるかで判断することになります。

 

他の企業の評価を知りたい

ほかに数社受けていると答えると、必ず聞かれるのが

「既に内定をもらったところはありますか ?」

です。

 

内定をもらっていたら素直に「はい。1社内定を頂いています。」と答えましょう。

 

少なくともその会社からはあなたは採用に値する人物であると評価されたことを示すことになりますから、面接官はプラスの評価をします。

 

まだ内定をもらっていない場合は「いいえ。現在選考中です。」と答えます。

 

「すべて落ちているので内定はまだありません。」

とは答えないこと。

どの会社からも良い評価が得られなかったということになってその会社からも敬遠されかねません。

 

正直にと言っても、他社に応募して落ちたことはわざわざ言う必要はないのです。

 

 

面接でほかに受けている企業を聞かれたら

ポイントは次の3つです。

・正直ベースで答える
・軸がブレないこと
・入社意欲を伝える

 

正直ベースで答える

答えを盛らないで正直ベースで答えましょう。

内定をもらっていなければもらっていないでOKです。

ただし、既に述べた通り「落ちた」とは言わずに「選考中」とする程度のウソはかまいません。

 

内定をもらっていないのに、良く見せようとして既に内定をもらっていると答えるのはいけません。

理由は突っ込まれた時に答えに窮するからです。

後ほどNGな答えの例のところでもう少しご説明します。

 

軸がブレないこと

就活の軸がブレていると志望度が低いと判断されますからブレないように答えます。

複数の業界を受けていても

「ほかに受けている会社はすべて御社と同じIT業界です。」のように答えてかまいません。

 

ただし、業界にこだわらずに職種で決めようと考えている場合は、

「御社と同じIT業界が2社と、他に医療機器メーカーが1社あります。いずれもソフトウェア開発の職種で応募しています。」

 

これなら就活の軸が職種でブレていませんからOKです。

 

 

入社意欲を伝える

「ほかに同じIT関連の企業3社を受けていますが、常に新しいことに取り組んでいる御社で是非働かせて頂きたいと考えています。」

 

 

面接でほかに受けている企業を聞かれた時のNGな答え

ほかに受けている企業を聞かれた時の典型的なNGの答えを2つご紹介しておきます。

 

NGな答え~その1

内定をもらっていないのに

「はい。1社内定を頂いております。」

と答えると、

「どんな会社ですか ?」とさらに突っ込まれた時に答えに窮したり、今面接している会社の業界と全く違う会社を答えるなど、ボロが出る可能性があります。

 

真面目な人ほどウソはぼろを出しやすいものです。

ボロが出ると見栄を張ってウソをついていると思われてマイナス印象となります。

 

NGな答え~その2

「御社以外は受けていません。」

 

そんなはずはないので、志望度の高さをアピールしようとして見え透いたウソをついていると思われます。

 

もしも本当に他社を受けていないのであれば、こう答えると良いです。

「御社が1社目です。これから数社受けるつもりです。」

これなら自然な答えです。

 

 

おわりに

いかがでしたか ?

面接ではほかに受けている企業について聞かれる理由、聞かれた時の答え方のポイント、さらにNGな答えについて解説してきましたが参考になりましたでしょうか ?

 

最後にまとめておきますね。

 

面接官が気にするのは、

・就活の軸
・自社に対する志望度
・他社からどんな評価を受けているか

 

これらの気にすることを満たす答え方は、

 

・就活の軸がブレていないことを示す
・他社から落とされたことはあえて言う必要はない
・是非貴社で働いたイことを示す

 

上手に面接を乗り切って臨む仕事に就けますように !

 

最後までお読みくださって有難うございました。