スポンサーリンク

面接で企業理念について聞かれた。面接官はここを知りたい !

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

当社の経営理念、どう思いますか ?

面接で企業理念について聞かれたらどう答えたら良いでしょう ?

 

企業理念について聞く面接官はそう多くありません。

でも、中には「当社の企業理念をどう思いますか ?」と質問する面接官もいます。

特に、最終面接とか役員面接のときにはその傾向があります。

 

なぜ、こんな質問をするのでしょう ?

 

理由は2つあります。

 

・会社のことをしっかり調べているかを確認するため
・社風に合う人物かどうかを確かめるため

 

質問の意図が分かっても、さて答え方となると難しいですよね。

企業理念というものは漠然としていますから・・・。

 

ここでは、面接で企業理念について聞かれたらどう答えたら良いかについて、採用担当者の視点からお伝えしています。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

企業理念について聞く面接官の心理

冒頭、面接で企業理念を聞く理由のひとつとして、「会社のことをしっかり調べているかを確認するため」とお伝えしました。

 

興味があって応募したのであれば当然HPくらいは隅々まで読んでいるのが当たり前。

面接官はそう考えています。

 

そして、ほとんどの会社はHPで会社概要のほかに「企業理念」を載せています。

 

なので、当然自社の「企業理念」についても知っているはず。

もし答えられなければ「とりあえず受けてみよう」程度で応募したに違いない。

 

そうとらえる面接官もいると思ってください。

 

 

あと、「社長から一言」とか、「創業者のことば」とかも同様に目を通しておくことをおススメします。

 

「当社の社長がどんなことを言っているか読みましたか ?」と聞かれることがたまにありますよ。

 

 

 

面接で企業理念について聞かれたときの答え方

企業理念は、ただ暗記すれば良いというものではありません。

 

受けた会社の企業理念に対して自分はどう思うかを答えられなければいけません。

しかも、理由を添えてです。

 

理由は自分の経験に当てはめて考えると答えやすいですよ。

 

 

自分の経験に照らして共感したことを言う

たとえば、その会社の企業理念が「お客様の満足を第一に」であるなら、

 

面接官 : 「当社の企業理念をどう思いますか ?」

あなた : 「はい。『お客様の満足を第一に』ですね。私がバイト先で店長から言われていた言葉で、心に留めている言葉ですので身近に感じられますし、共感します。」

 

と、こんな感じです。

 

企業理念に共感を示すことで、面接官は「この人は当社になじめるだろう」と見るでしょう。

 

 

企業理念を志望動機として良いか ?

志望動機として、「御社の企業理念に共感したから」と書く人がしばしば見受けられます。

企業理念はホームページに記載されていますから、書きやすいかも知れません。

 

でも、似たような企業理念を掲載している会社はたくさんあります。

それなら似た企業理念を掲げている会社ならどこでも良いことになってしまいます。

 

たとえば、「企業理念 社会貢献」でネット検索すると、企業名が何社も出てきますから・・・。

 

似たような企業理念を掲げている会社の中でも、その会社でなければならない理由が必要です。

 

企業活動と結びつかなければNG

例えば上にあげた「社会貢献」の例なら、本業のほかに社会貢献のためにこんな活動をしているということを調べるのです。

 

そこまでホームページで紹介してることがありますから、丹念に読んでみるとよいです。

あるいは、ニュースで取り上げられたことを述べてもよいです。

 

その会社の企業理念に合致した実際の活動をあげて、

「御社は企業理念として掲げていることを実際に〇〇という活動で実践しておられるところに惹かれました。」

 

これならその会社を選んだ理由になりますから、志望動機に経営理念に共感したとしてもOKです。

 

逆に企業理念に合致した企業活動が見つからなければ志望動機と企業理念を結びつけるのはNGです。

上で述べたように似たような企業理念を掲げている会社は何社もあるので、その会社でなければならない強い理由にはならないからです。

 

志望動機は企業理念と切り離す方が良い

志望動機は、企業理念と結びつけて書くよりも、自分が目指すものとその会社の特徴との接点で書くほうをおすすめします。

自分が目指すものとの接点なら抽象的でなく、どうしてその会社を選んだかを明確に書けるからです。

志望動機は、企業理念と切り離して書く方が書きやすいですよ。

志望の動機の書き方についてはこちらをご参照ください。

志望の動機の書き方は ? 新卒ならここがポイント !

 

 

おわりに

いかがでしたか ?

面接で企業理念について聞かれたらどう答えたら良いかについてお伝えしてきましたが、参考になりましたでしょうか ?

 

「企業理念」というと難しいと感じるかも知れません。

でも、バイト先など自分の経験と結び付けてかんがえると意外と身近に感じられるのではないでしょうか ?

そうなると実感のこもった説得力のある答え方ができますよ。

 

 

私は、学生さんが漠然とした企業理念まで興味を持つとは思っていませんので、面接では聞きませんが・・・。

実際に、社員だって自分の会社の企業理念を知らない人だっていますから・・・。

 

でも上で述べたように、面接官の中には応募したからには企業理念を知っていて当たり前と考えている人も確かにいるのです。

 

また、経営者は自分の唱えた経営理念を非常に大事にしてこだわりを持っている方もいます。

 

ですから、就活では経営理念についても調べておくことをおすすめします。

 

 

最後にまとめておきますね。

・自分の経験に照らして答える
・企業理念を志望動機とする場合は企業活動を調べる
・「社長から一言」とか、「創業者のことば」にも目を通しておく

 

あなたが面接を乗り越えて望みの会社に入れますように !

 

最後までお読みくださってありがとうございました。