スポンサーリンク

面接に腕時計は必要 ? つけないと損をする理由とは ?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

明日の面接はこの腕時計をつけて行こうかしら・・・

面接に腕時計は必要でしょうか ?

と言われても、ピントこないかも知れませんね。

 

だって、普段必要を感じていないし・・・。

 

腕時計をしない人が多くなりました。

スマホを見れば時間が分かるからです。

それどころか、ニュースもメールもスマホがあればOK。

 

便利ですから手放せませんよね。

 

でも、面接のときはできるだけ腕時計をつけた方が良いですよ。

腕時計をつけていないと「損」をすることがあるからです。

 

ここでは、面接に腕時計をつけた方が良い理由、つまりつけないとどんな損をするのかについて採用担当者の視点からお伝えしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

面接に腕時計をつけないと損をする理由

冒頭で、面接に腕時計をつけないと損をすることがあるとお伝えしました。

具体的にどんな「損」をするのでしょう ?

次の2つです。

 

・筆記試験になったとき残り時間が分からない
・面接官に「時間にルーズ」と思われる

 

順にご説明しますね。

 

筆記試験で残り時間が分からない

就活での筆記試験も大学入試と同様に、スマホの使用は禁止されます。

基本的にスマホを机の上においてはいけません。

それどころか、電源を切っておくのがマナー。

 

まあ、実際には電源は切らなくても着信音とバイブをオフにしておけばよいのですが・・・。

いずれにしても筆記試験中にスマホを見ることはできません。

 

なので、腕時計がないと残り時間が分からなくて不安や焦りを感じてしまうということになります。

 

 

面接官に「時間にルーズ」と思われる

面接で腕時計をつけないと損をするもうひとつのことは、面接官に「時間にルーズ」な人間と思われることです。

 

「そんなの偏見じゃないか !」と思うかも知れませんね。

 

でも年配の面接官や、比較的若くても自分は腕時計をつけている面接官は、時間を守るためには腕時計が必須と考えている人がいるのです。

 

そういう面接官から見ると、腕時計をつけていない人は「時間にあまり厳格ではない」と思われるのです。

 

これって、面接の印象としてはけっしてプラスとは言えませんよね。

 

ただ、決定的にマイナス印象かというとそこまではいきません。

腕時計をしていないということだけで落とされることはまずありませんが有利には働かないということです。

 

 

面接に適した腕時計とは ?

では、腕時計であればどんなものでも良いか、というとそうではありません。

リクルートスーツを着てカジュアルな腕時計は相応しくありません。

 

面接用の腕時計を選ぶなら、次の点を心に注意してください。

 

・金属製のベルトでシルバーのもの
・フェイスもシルバーまたは白であまり大きくないもの
・デジタルではなくアナログ
・革製のベルトなら黒(ワニ革などはNG)

 

要するにシンプルな腕時計ということです。

 

 

面接時の腕時計のマナー

普段腕時計をしていない人が、面接のときだけ腕時計を買って身に着けると、かえって気になってつい時計に目が行ってしまいがちになるかも知れません。

 

でも、面接中に腕時計を見るのはNGです。

 

面接官は、

「こいつは早く面接を終えたいと思っているのかな ?」

「それともこのあと、別な会社の面接を控えているのかな ?」

 

とかんぐってしまいます。

いい印象を持たれませんので、くれぐれもご注意を・・・。

 

 

面接に腕時計を忘れたら

面接に向かう途中で腕時計をしていないことに気づいたらどうしたら良いでしょう ?

 

時間とお財布に余裕があるなら、そして近くに量販店があるなら当たり障りのない安価な腕時計を求めるのも良いでしょう。

 

でも、余裕がなれりば無理をしても仕方がありません。

 

堂々と腕時計なしで面接に向かってください。

 

上でお伝えしたように腕時計をしていないということだけで落とされることはありませんから。

 

それに、面接官が最も関心があるのは、あなたが腕時計をしているがどうかよりも、あなたがどんな人間で、どれくらい真剣に自分の会社に入りたがっているかということです。

 

なので、志望の動機とか、将来どんな社会人を目指しているとか、絶対に外してはならない質問への回答をしっかり準備することの方が大事です。

 

腕時計のことは、その準備ができた上で考えればよいですよ。

 

志望の動機の書き方についてはこちらにくわしくまとめてありますので、よろしければどうぞ。

志望の動機の書き方は ? 新卒ならここがポイント !

 

 

おわりに

いかがでしたか ?

面接に腕時計をつけない損をする理由についてお伝えしてきましたが、参考になりましたでしょうか ?

 

腕時計はリクルートスーツ同様に面接のアイテムとしてとらえておくと良いですよ。

 

ただ、そのためにわざわざ高価なものを買うことはありません。

学生にふさわしいシンプルなものがベストです。

 

面接官は見ていないようで、意外と服装から時計、女性ならアクセサリーや化粧、マニキュアなど、席に着いた段階でしっかり見ています。

 

なので、事前に対応できるところはしておいた方が間違いがないと思ってください。

 

 

あなたのこれからの面接、うまくいきますように !

 

最後までお読みくださってありがとうございました。