スポンサーリンク

転職を繰り返すといけないの ? デメリットと注意点を伝授。

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

転職しようかな・・・

転職を繰り返す人がいます。

私もそうでした。

でも、安易に転職を繰り返すのはおすすめしません。

 

理由は、万一失業した場合、再就職に不利になるからです。

すぐに職場を変える人は信用されません。

 

なので、どうしても転職しなければならない理由がある時だけに限ってください。

 

ここでは、転職を繰り返すことのデメリットと注意点について、私自身の経験と採用担当者としての視点からお伝えしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職を繰り返すとなぜいけないのか ?

冒頭で述べたように、転職を繰り返すと信用されなくなります。

誰に信用されなくなるかって・・・採用担当者にです。

 

採用担当者はこう思います。

 

「この人は、こんなに転職を繰り返していると言うことは、こらえ性の無い人なのでは・・・」

とか、

「この人はウチに入ってもどうせすぐ辞めてしまう可能性が高いな」

 

その結果、採用されにくくなる。

 

なので、転職するのはどうしてもしなければならない理由があるときだけです。

 

 

最初の転職は「会社を変えて、はたして大丈夫か ?」不安いっぱいでトライします。

でも、守備よく転職できて、しかも転職先でうまくやってゆけると自信がつきます。

 

そこまでは良いのですが、「転職は簡単」と言う意識になってしまうと、チョットした不満で転職を繰り返すことになりかねません。

 

そして、ある程度の年齢になると転職は難しくなります。

 

それどころか、過去にくりかえした転職で履歴書は「汚く」なっている。

そうなると、もう転職どころか万一失業してしまっても、再就職は難しくなります。

 

なので、くれぐれも安易に転職を繰り返さないことをおすすめします。

 

 

もしも、あなたの夫や妻が転職を繰り返すようなら、そして、その理由が「なんとなく職場と合わない」とか「上司が気に入らない」とか、安易と思える理由なら、ここでお伝えしたことを説明すれば、思いとどまってくれるかも知りませんよ。

 

 

転職を繰り返すには理由が必要

そうは言っても、やむを得ない理由がある場合はべつです。

 

例えばこんな場合は転職せざるを得ないでしょう。

 

・Uターンしたい
・いまの職場はパワハラを受けていて、このままでは自分がダメになる
・年収が低すぎて生活に希望が持てない

 

せっかく転職して年収が上がったと思ったら、今度はパワハラを受けて耐えられない。

そういう場合は転職を繰り返しても仕方がありません。

 

そこで、転職を繰り返しても信用を落とさないで済む方法を伝授しましょう。

それは、履歴書の書き方にあります。

スポンサーリンク

 

転職を繰り返すときの履歴書の書き方

履歴書に退職理由をはっきりと書くことです。

たいていの人は、退職の部分に、

 

「xx年 退職」とか

「xx年 一身上の都合により退職」

と書きますよね。

 

でも、ここで退職理由まで記載するのが採用担当者を納得させるコツなんです。

 

たとえば、年収アップを図って退職した場合は、こんな感じです。

「xx年 スキルアップのため退職」

 

パワハラに遭って辞めた場合は、

「xx年 やむを得ない事情により退職」

 

ここではあえてパワハラとは書きません。

履歴書を見た採用担当者の中には、その会社を批判していると受け取って、マイナスの印象を抱いてしまうことがあるからです。

 

「やむを得ない事情」と書いておけば、面接のとき必ず聞かれます。

 

「『やむを得ない事』ってなんですか ?」

 

その時に初めて答えれば良いのです。

「じつは、パワハラに遭いまして・・・。このままでは自分がダメになると判断して退職しました。

 

ここで注意すべきことをひとつ。

退職理由は、何度も同じ理由を使わないということです。

 

何度も行く先々でパワハラに遭うことは通常考えにくいので、採用担当者はこう思います。

「この人はちょっとしたことでも『打たれ弱い』んじゃないかな」

 

また、スキルアップを理由にして何度も転職していると、

「うちに入ってもまた辞めるだろう」

と思われます。

 

なので、履歴書に書く退職理由は毎回別なことを書くのが望ましいですよ。

 

 

転職で年収が増えるのは初めだけ

まだ若くて実力があれば転職で年収を増やすことが可能です。

でも、それは何度もできるわけではありません。

 

転職の理由を毎回「スキルアップのため」とか「キャリアパスのため」とか書いて転職を繰り返すと、採用担当者はこう思います。

 

「この人はウチに入っても、いずれまた『スキルアップしたいから』と言って辞めてしまうに違いない」

 

やはり、転職を繰り返すことで、みずから採用されにくくしているのです。

 

なので、たとえ年収アップのための転職でも、何度も繰り返してはいけないのです。

 

 

おわりに

転職を繰り返すことのデメリットと、やむを得ず転職を繰り返す場合の履歴書の書き方についてお伝えしてきましたが、参考になりましたでしょうか ?

 

最後にまとめておきますね。

 

・転職を繰り返すとまんいち失業したときに再就職しにくい
・転職で年収を増やせるのは若いうちだけ
・転職の履歴書では退職理由を前向きに
・同じ退職理由は使わない

 

転職には様々な理由がありますし、転職でハッピーになることもあります。

また、転職で新たな出会いも期待できます。

 

でも、繰り返すと次第に「不利」になることがお分かりいただけたと思います。

くれぐれも慎重に・・・。

 

あなたが最適な職場で落ち着いて仕事をしてゆけますように !

 

最後までお読みくださってありがとうございました。