スポンサーリンク

仕事でメンタルをやられる前に試して欲しいことがある !

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

朝からこんなに疲れているなんて・・・。私、どうしちゃったんだろう ?

仕事でメンタルをやられると、こんな状態になります。

 

・疲れているのになかなか寝付けない
・寝ても疲れが取れない
・朝から疲れている
・出勤しようとすると下痢や吐き気がする
・朝目覚めると動悸がする
・休みの日は何もする気が起きない
・上司の顔を見るのも声を聞くのも苦痛
・電話の音にドキッとする

 

なにかひとつでも思い当たることがあれば、仕事でメンタルがやられているか、やられかかっているということです。

 

これらはほんの一例で、まだまだ色んな症状があります。

要するに会社や仕事のことを考えたり、出勤しようとすると「体調が悪くなる」状態です。

 

仕事でメンタルをやられる前に「辞める」という選択肢もあります。

 

辛すぎると命にかかわることにもなりかねません。

そして貴方の命より大事な仕事なんて無いのですから。

 

そうです。

いつでも辞めていいのです。

そう思うだけで少しは気が楽になりませんか ?

 

少し気が楽になったら、試して頂きたいことがあります。

 

ここでは仕事でメンタルをやられる前に、是非試して欲しいことをご紹介しますので、どうぞ最後までお読み頂きたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事でメンタルをやられるとどうなるか

仕事でメンタルをやられると、冒頭で挙げたような様々な症状に見舞われます。

 

電話の音でドキッとするだけでなく、メールの着信のポップアップでもドキッとします。

朝起きようとすると動悸がしたり、呼吸が苦しくなって動けない。

布団から出れなくなる。

 

ようやく起きても会社の近くまでゆくと気持ちが悪くなって引き返す。

次第に会社を休みがちになり、やがて行けなくなってしまう。

 

こうなるともう「うつ」の状態です。

 

「うつ」は治癒に時間がかかります。

休職を余儀無くされたり、退職に追い込まれることも多々あります。

 

仕事でメンタルをやられ「うつ」になってしまう前にできることかあります。

いえ、是非やって頂きたいことがあるので、これからご紹介させて頂きます。

 

 

仕事でメンタルをやられる前に試して欲しいこと

仕事でメンタルをやられる前に是非とも試していただきたいことは次の2つです。

 

・休んで普段と違うことをする
・人に相談する~共感して聞いてくれる人が条件

 

「なんだ、大したことないじゃないか」

 

と思ったかも知れませんね。

 

でも、じつはほんのちょっとしたことでメンタルがやられるのを防ぐことができることができるのです。

 

休んで普段と違うことをする

ただ休むだけでは何もする気がせずに、1日無駄に過ごしてしまいます。

是非普段と違うことをしてください。

 

気分転換にはとても有効です。

 

例えば、こんなことをしてみます。

いつもと違う電車に乗って初めての駅で降りて街を散策する。

お昼時なら感じの良さそうなお店に入って食事を摂るお昼からビールなんか飲みながらの食事。

何だか気持ちよくなります。

その後、公園で寝転がって流れる雲を見ながら心に浮かぶにまかせてしばしの時を過ごす。

 

車が好きなら言ったことのないところにドライブしてみる。

知らない街をドライブして、気に入った場所があったら徳間を停めてあたりを散策してみる。

 

ポイントは、普段の会社生活とは関係ないことをしてみるということです。

 

「こんな世界もあったんだ」という気付きは心をリフレッシュさせてくれます。

 

 

無断欠勤はしないこと

当日でも良いので必ず上司に連絡を入れて「今日は体調が悪いのでお休みをいただきます。」と断ってください。

 

連絡なしの無断欠勤はいけません。

 

評価を落とすだけでなく、度重なると「解雇」の口実にされる可能性があります。

万一解雇されると次の会社に入るときに非常に不利になります。

 

離職票-2には退職理由が記載されますが、離職票は転職先に提出する義務は有りません。

転職先に提出するのは「雇用保険被保険者証」です。

 

それならなぜ採取うょくに不利になるのか ?

 

履歴書の退職理由に一身上の都合と書いても、前の会社に確認されてバレてしまう可能性があるからです。

その場合は「経歴詐称」ということで、通常は不採用になります。

 

 

人に相談する~共感して聞いてくれる人が条件

気分転換でメンタルを維持できれば良いですが、自分一人では抱えきれない状態なら、人に相談することです。

 

相談相手は同僚、先輩、あるいはメンタルクリニックの医師が考えられます。

 

ただし、「頑張れ !」という励ましには耳を貸してはいけません。

無視してください。

 

精一杯やってきたのにこれ以上何を頑張れと言うのか ?

無理だから相談しているのですから・・・。

 

励ましている方はあなたのためを思って言っているのでしょうから反発せずに聞き流すにとどめておくと良いです。

ここで反発すると相談相手との関係も悪化してメンタル面の負担を増大しかねません。

 

相談できる相手は、共感して聞いてくれる人であることが条件です。

 

最も良いのはクリニックを受診して医師に相談することです。

 

「それは大変ですねぇ。」と話を聞いてもらって共感してもらえるだけで、気持ちが楽になってきます。

 

同僚でも、

「そうだな、この頃忙しくて大変そうだったな・・・。」

「お前、頑張り屋だからな。」

「俺に手伝えることが何かあるかい ?」

 

と言ってくれる相手がいれば、実際に手伝ってもらえそうなことがなくても、それだけで気持ちが楽になるものです。

 

気が楽になればどうすれば現在の状況を改善できるか冷静に考えられるようになるという効果があります。

 

おわりに

いかがでしたか ?

仕事でメンタルをやられると、どんな状態になるかをご紹介した上で、辞める以外に是非とも試して頂きたいことをお伝えしてきましたが、参考になりましたでしょうか ?

 

最後にポイントだけまとめておきますね。

 

・休んで普段と違うことをしてみる
・人に相談する。ただし相談するのは共感してもらえる相手だけ
・「頑張れ」は聞き流す

 

最後までお読みくださって有難うございました。