スポンサーリンク

内定後面談~質問していいことは ? 欠席したら内定取り消し ?

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

内定後面談って出席しないとダメなのかしら ? ゼミがあるんだけど・・。

最終面接を通ったのに「えーっ!? また面接あるの ?」そう思う人もいるでしょう。

でも、「面接」ではなく「面談」です。

 

内定承諾後に行われることも、内定承諾前に行われることもあります。

 

一体何のために行うのでしょうか ?

 

内定辞退を防ぐため

 

です。

 

ここでは内定後面談について、その目的、どんな質問をしたらいいのか、もしも出席しなかったらどうなるのかなど、内定後面談に関する様々な疑問にお答えしてゆきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

内定後面談の目的は

内定したとは言っても、本当にその会社に入ってやってゆけるだろうか、その会社で良かったのか、もっと自分に合った会社があるので・・・etc。

 

などと疑問や不安があることでしょう。

 

内定後面談の目的は、内定者の不安や疑問を払拭して内定辞退を防ぐためのフォローです。

内定者の入社の意志を固めてもらうために行うのです。

 

ですから、積極的に参加して疑問や不安を解消してもらいましょう。

 

内定後面談はいつやるの ?

ちなみに内定承諾後に行う企業と内定承諾前に行う企業があります。

内定承諾前に行う場合は給与などの待遇面のすり合わせの性格があります。
これはオファー面談と呼ばれています。

 

内定後面談で質問していいこと悪いこと

内定後面談ではどんなことを質問すれば良いでしょうか ?

 

面接時には聞きにくくて遠慮していたことを遠慮なく聞いていいのです。

なにしろ内定後面談で内定取り消しになることはないのですから。

 

質問していいこと

たとえば昇給や評価制度についてなどは面接では聞きにくいと思って疑問のまま残していたなら、内定後面談で聞いてもかまいません。

 

聞いて良い質問の例をあげておきます。

 

・「どんな人が評価が高くなりますか ?」
・「売り上げのノルマはありますか ?」
・「御社で活躍されている人はどんな方ですか ?」
・「有給休暇の消化率はどれくらいでしょうか ?」
・「残業時間はどれくらいですか ?」
・「職場の雰囲気ってどんな感じですか ?」

 

これらはもちもん面接のときに聞いても良いのです。

でも、何となく聞きにくいと思って聞いてなかったならここで聞いても良いということです。

 

少し踏み込んでこんなことを聞くのもアリです。

・「私が内定を頂けた理由はなんでしょう ?」
・「どんな方が評価が高くて、逆に評価の低いのはどんな方でしょう ?」

 

これらの質問によって、自分がこの会社でしっかりやってゆけるのか、不安を解消することができるかも知れませんし、どんなことに注意してやってゆけばいいのか、気を付けるべきヒントにつながるでしょう。

 

内定後面談の質問で「この会社は自分に合わない」とか「この会社は社員を大事にしていない」などマイナス面を確信したなら内定を辞退することもOKです。

 

ただし、他に内定をもらっている良さそうな会社がない場合は、すぐに辞退しないで取っておくとよいです。

 

内定辞退はもっと先でもできますから。

極端なことを言えば法的には入社日の2週間前まで辞退可能です。

 

 

質問して悪いこと

では、次にしない方が良い質問を見ておきましょう。

失礼なことや興味本位の質問。

 

これは心象が悪くなります。

 

「毎年辞める人はどれくらいいますか ?」

「社内結婚される方はいますか?」

 

 

離職率はエージェント経由の応募の場合はあらかじめ知ることができます。

まんいち離職率の高い会社なら正直に答えないでしょう。

 

社内結婚など興味位の質問は「こいつは何のために当社に入社したいのか ?」と思われます。

 

そして心象を悪くすると、配属に影響がでることもあります。

 

会社にもよりますが、入社前からあまり心象が悪いと初めから窓際的な仕事に就かされる可能性もあるということです。

 

 

内定後の面談・服装はカジュアルでいい ?

内定後面談では、「服装は自由ですからどうぞ楽な格好でいらしてください。」と言われることがあります。

 

でも、スーツが無難です。

 

カジュアルだとかえって「ラフすぎないか」と悩んでしまいます。

 

スーツなら悩む必要はありまん。

 

内定後面談は断ってもいい ?

内定後面談は最終選考ではありません。

出席を断ったからと言って内定取り消しにはできません。

 

ただ、採用担当者は「当社で働く意欲が薄いかな?」とか「当社に対する興味は実は薄いのかも知れないな」と感じる可能性があります。

 

ですから、内定後面談の連絡が有ったら極力参加することをおすすめします。

 

ゼミの日程の都合などでどうしても参加できない場合は、丁寧に理由を説明して断っても構いません。そのとき、日程の変更が可能かどうかも聞くと会社に対して積極的な意識を持っていることを印象付けることができます。

 

入社前に良い印象を持たれると人事から配属先へも「なかなかしっかりした人物だよ。」などと伝えられて、入社時に職場に好意的に迎えられることにつながりますよ。

 

 

内定後面談では先輩社員が同席?

内定後面談に社員を同席させることがあります。

 

その場合は呼ばれるのはエリート社員です。

新入社員の目標ともなるべき社員を出席させることが多いです。

 

もちろん、魅力的な会社を印象付けて内定辞退されないためです。

 

「できる」社員はどんな感じなのかを知ることができるので是非質問してみてください。

たとえばこんなことを聞いてみると良いです。

 

・「一日の仕事の流れを教えてください。」
・「仕事の上で苦労したことがあれば教えてください。」
・「どんなことに『やりがい』を感じていますか ?
・「この会社を選ばれた理由はなんでしょうか ?」

 

先輩社員の「ホンネ」を聞けることもありますから参考になりますよ。

 

面談の連絡が来たら聞いてみると良いです。

 

「社員の方にもお話を伺いたいのですが、可能でしょうか ?」

 

現役社員は忙しいので断られることもありますが、まずは聞いてみましょう。

 

 

おわりに

いかがでしたか ?

内定後面談の目的はなにか、どんな質問をしたらよいか、またするべきでない質問はどんこことか、さらに出席するときの服装や面談を断ってもよいかなどについてお伝えしてきましたが参考になりましたでしょうか ?

 

内定後面談は入社前の不安を解消して入社への意欲を高めて内定辞退を防ぐために企業が行うものです。

 

積極的に活用することを再度おすすめします。

 

最後までお読みくださってありがとうごさいました。