スポンサーリンク

面接時間が短いと不採用 ? 合否との関係を解き明かす !

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

あちゃー(汗) 面接、こんなに早く終わってしまった。不採用かしら ?

面接を受けたら意外とすぐに終わってしまった。

 

面接時間が短いと不採用  ?

長さって普通どれくらい ?

 

面接を受けた後って気になりますよね。

 

結論を言えば、じつは面接時間の長さと合否はあまり関係はないのです。

時間の長さより、面接の内容が大事。

 

ただ、どうして面接時間が短かったのか、また長かったのか、その理由が良いものか、悪いものなのかは、分かった方が良いです。

 

分かれば面接結果の通知を待つ間、次の面接の準備に活かすことができるからです。

 

ここでは、面接時間が短くなる理由、逆に長く理由は何かを、面接官の視点からお伝えしますので、今後の面接に活かすヒントになれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

面接時間の長さは普通どれくらい ?

面接時間の長さは、正社員の場合なら普通30分から1時間くらいです。

30分より短いことも、1時間より長いこともあまり多くはないと考えて良いですよ。

 

自己紹介や志望の動機に始まって、一通り面接官が聞きたいことを確認した後で、逆質問を受けるとそれくらいかかるのです。

 

たた、これはあくまでも一般的な目安。

 

会社や面接官によってかなり差があります。

なので、面接時間が短いから不採用、長いと採用と言うわけではありません。

 

では、面接時間と採用・不採用の関係について具体的に見てゆきましょう。

 

面接時間が短いと不採用 ? 短い理由

面接時間が10分とか15分と極端に短いときって、「これは不採用か ?」って、特に不安ですよね。

 

面接時間が短い場合、理由は次の2つが考えられます。

 

面接官が興味を失った

面接時間があまりに短い場合は、面接には応じたものの、面接官があなたに対する興味を失った可能性があります。

 

この場合は、どんな質問をされたか、面接官の反応はどうだったかを思い出してみると分かります。

 

特に、「志望の動機」について聞かれたとき、しっかり答えられましたか ?

 

それに対する面接官の反応はどうだったでしょうか ?

「なるほど」という感じで頷いていたらその場面はおそらくはクリアです。

 

首をかしげたり、突っ込まれて答えに詰まったりした場合は、その時点で面接官の中では「NG」フラグが立った可能性大です。

 

どういう質問のときうまく答えられなかったか、また突っ込まれて困ったか。

面接が終わった後でおさらいしておくと良いですよ。

 

もしも今回の面接結果が残念ながら不採用であっても、次回の面接に活かすことができますから。

 

受け答えがツボにハマった

一方、あなたの受け答えが面接官の「ツボ」にはまっていて、「聞き返し」や「突っ込み」がほとんどなければ、意外なほど短時間で面接が終わってしまうことがあります。

 

つまり、面接時間が短くても、面接官が確認したいことをすべて確認できて納得していれば問題ないと言うことです。

 

上に述べたように、面接官があなたの答えに頷きながら納得した様子であればあなたに対する興味を失ったわけではありません。

 

受け答えがスムーズにいっていた可能性大です。

 

面接時間が長くても採用とは限らない ! 理由がある

面接でいろいろ聞かれて、終わってみたら1時間30分もかかっていた。

この場合は、面接の「内容が濃い」から合格かな ?

と思うのはまだ早いかも知りません。

 

面接時間が長いからと言って合格とは限らないのです。

 

突っ込まれた

あなたの受け答えに、「突っ込みドコロ満載」なら面接時間が長くなって当然です。

 

どんな質問をされたか思い出してみてください。

 

あなたの答えに対して、「それはどうしてですか ?」「なぜ○○なんですか?」と畳み見込むように何度も聞き替えされたら、面接官があなたの答えに満足していない証拠です。

 

ただ、わざと答えにくい質問やひねりを加えてあなたがどう対処するかを見ようとすることがあります。

 

いずれの場合でも、切り返しができていれば面接時間が長くなっても気にすることはありません。

 

答えに窮して考えこむ時間や、黙ってしまう時間があって面接時間が長くなった場合は結果はアブナイと考えた方が良いですよ。

 

面接官が興味を持った

一方、面接官があなたに強い興味を持った場合も面接時間が長くなることがあります。

いろいろと聞きたいこと、確かめたいことが次々と出てきて質問が続く。

 

この場合は、質問が「突っ込み」ではないので、あなたの答えに「なるほど、そういうことですか」と相槌を打つ形が多くなるので、何となくわかります。

 

 

おわりに

いかがでしたか ?

面接時間が短い場合、逆に長場合のどちらも合格と不合格の両方のケースがあります。

 

面接時間の長短よりも、なぜ短くなったのか、また、逆に長くなったのか、その理由を知ることの方が大事であること、お分かり頂けたと思います。

 

最後にまとめておきますね。

 

面接時間が短くなる理由

・面接官があなたに対する興味を失った
・受け答えがツボにハマって極めて順調に進んだ

 

面接時間が長くなる理由

・受け答えがマズく、突っ込まれて長くなった
・面接官があなたに強い興味を持って質問が続いた

 

面接が終わったら時間が長くても短くても、その理由を自分なりに分析してみてください。

結果がどうであれ、他にも受けるところがあるなら、今後に生かすことができますよ。

 

最後までお読みくださってありがとうございました。