定年後のお金~不安なく生きるために

定年後の暮らし

障害年金と遺族年金は両方もらえるか~夫が亡くなった時

障害年金と遺族年金は両方を同時にもらえるのか ? これまで扶養されていた人にとって、扶養してくれる人が亡くなってしまったら心細く、切実な問題です。ここでは、障害年金と遺族年金の両方を同時にもらえるかについて、年齢による違いを含めて詳しく解説しています。
定年後の暮らし

障害年金と老齢年金はどちらが得 ? 同時受給はできないの ?

障害年金と老齢年金はどちらが得でしょう ? そもそも同時にもらえないのでしょうか? もしも同時受給ができないなら当然多い方を選んだ方が良いですよね。ここでは障害年金と老齢年金はどちらが得か、実際の数字をあげて明らかにしています。
定年後の暮らし

年金は相続財産になる ? 振り込みタイミングで扱いは変わる

年金は相続財産になるのでしょうか ? 結論を言えば年金は本人がもらうもので遺族がその受給権を引き継ぐことはできません。ここでは公的年金が相続財産になるケースと、それ以外に遺族が受け取れるケース、また、生命保険の個人年金の扱いについて解説しています。
定年後の暮らし

遺族年金をもらえる条件~年齢、収入、子供の有無すべて解説

遺族年金をもらえる条件とは何でしょう ? 生計を維持していた人が亡くなってしまったとき、はたして受給できるのか。ここでは、遺族年金をもらえる条件として、年齢、収入、子供の有無について、またいくらもらえるかについてすべてを解説しています。
定年後の暮らし

子供の年金を親が払うメリットとは ? 手続きも超簡単 !

子供の年金を親が払うと節税というメリットがあります。20歳に達したら納付が必要ですが、学生にはキツイ。そこでもし親に余裕があるのなら、払ってもらうと良いです。ここでは、子供の年金を親が払うといくら節税になるのか、そして手続きについて解説しています。
定年後の暮らし

年金は配偶者がいると特別加算も~年の差が大きいほど有利 !

年金の配偶者特別加算ってご存知ですか ? 受給者によって生計を維持されている家族がいて加給年金をもらえる場合、年下の配偶者がいるとさらに加算され、年の差が大きいほど有利。ここでは年金の配偶者特別加算とはなにか、さらに金額と届出方法も解説しています。
定年後の暮らし

年金を払えない時どうする ? 免除と猶予の注意点を解説

年金を払えない時どうしたらいいでしょう ? 就職できなかったとか、失業してしまったとかで、保険料を払わないと、将来困った事態になり兼ねません。ここでは、年金を払えないときの対処法として、免除や猶予の条件と注意点についてお伝えしています。
定年後の暮らし

特別支給の老齢厚生年金の収入制限は ? 請求して損はない !

特別支給の老齢厚生年金には収入制限あります。でも65歳前にもらえるのに、繰り上げ受給とは違って後でもらえる額が減ってしまうことはありません。なので、絶対に申請した方が良いのです。ここでは、特別支給の老齢厚生年金と収入制限について詳しく解説しています。
定年後の暮らし

定年後の国民健康保険はいくら ? 賢い移行のしかたを解説

定年後の定年後の国民健康保険はいくらになるか ? とても気になりますよね。ここでは、定年後の国民健康保険がいくらになるか、社会保険の任意継続との兼ね合いも視野に入れて、切り替えのタイミングはいつが良いかについても具体的な例を挙げて解説しています。
定年後の暮らし

年金暮らしでも税金はかかる ?! 住民税と所得税のはなし

年金暮らしでも税金はかかるのか ? 年金で細々と暮らす者から取るなんて腹立たしいと思いますよね。でも、かかるのです。ここでは年金暮らしでかかる税金として、住民税と所得税についてその有無と、課税される場合はどれくらいかかるのか解説してゆきます。